モービルマッピングシステムの活用事例

  • 地形をそのままとらえることができる航空測量

    • 航空測量は、広範囲は地形図作成などを実施するには、欠かせない技術で、空中から撮影した空中写真を使う写真測量や、数値地形データなど、目的や用途にあった最適な計測が可能となっています。

      人気な航空測量にアクセスしてください。

      航空レーザー測量は、レーザー測距・GNSS・IMUという3つの技術の合体から実施し、レーザー光を発射して、地表から反射して戻ってくる時間の差を調べて、距離を決定していく装置です。
      GNSS受信機は、航空機の位置を知るための装置で、地上の電子基準点を利用することで、地上の測量と同様に、高精度な位置測定が可能となります。

      IMUは、飛行機の姿勢や加速度を測ることができ、レーザー光の発射された方向を正しく補正することができます。



      航空測量は、こうしたレーザー測距・GNSS・IMUの3つの技術によって、性格に距離を算出することができます。航空レーザー測量と空中写真測量との違いは、夜間でも計測できるということと、葉や植物も透過できるため、森林地帯でも詳細な地形データを得ることができるという点にあります。



      航空レーザー測量には、デジタルカメラも同時に搭載されていますから、空中写真も同時に得ることができ、現在では航空測量の主流となっています。


      この航空レーザー測量は、水平方向の精度を詳細に求めることは難しいといわれていますが、精度は計測硬度には依存しないため、植生内で計測されたりした空中写真測量の標準値よりも精度が高いというメリットがあります。


top