モービルマッピングシステムの活用事例

  • ドクターヘリ−を使えば患者を短時間で搬送できます

    • 農村地帯や離れ小島などでは、大きな医療機関が周辺にないことが多いです。


      そのため、緊急を要するケガなどが発生しても、患者を治療することが、とても困難です。

      ドクターヘリ-の情報はかなり役に立ちます。

      救急車は道路を走り、速度にも制限があるので、都市部の病院に患者を輸送するには、過疎地では時間がかかりすぎます。

      しかし、ドクターヘリ−を使用すれば、医療機関が周りにない場所でも、患者を大きな病院に搬送することができます。
      ドクターヘリ−では、医師や看護師が患者と一緒に乗り込み、搬送先の病院まで応急措置をします。


      ドクターヘリ−は、時速200キロメートル程度で飛ぶので、救急車より早く病院につけます。



      また、ヘリコプターの特徴として、上空を飛ぶので、建物や山などに影響されないことがあります。そのため、直線的な最短距離で、病院まで向かえます。


      ドクターヘリ−が着陸するためには、一定以上の広さがあり、周囲に建物や電線がない場所が必要です。

      しかし、過疎地であれば、河原周辺やグラウンドなど、ヘリポート代わりに使える土地は、数多くあります。


      そのため、ヘリが着陸するための土地には、困ることがありません。


      また、ヘリポート代わりの土地までは、救急車などで患者を搬送する必要があります。

      しかし、過疎地であっても、消防署には救急車があるので、近距離の搬送なら対応可能です。農村地帯や離れ小島に住んでいると、医療機関の不足から、緊急のケガなどに対応できない場合があります。

      しかし、ドクターヘリ−を利用すれば、大きな病院まで、極めて短時間で患者を搬送することができます。



top