モービルマッピングシステムの活用事例

  • モービルマッピングシステムの活用事例

    • モービルマッピングはMMSと略されることもありますが、デジタルカメラと3次元レーザ計測機を使って、道路の3次元データや映像を取得する装置です。
      精密な計測装置で、移動式3次元計測システムの一種です。
      モービルマッピングシステムを上手に使えば、道路の維持や管理業務を能率的に行えます。

      さらに社会インフラのライフサイクルコストを削減し、自動運転で必要となるマップの構築をサポートします。

      モービルマッピングの情報をご提供しています。

      具体的には、自動車にスキャナーやGPSアンテナ、さらにカメラを載せて、走りながら道路と周辺エリアの位置データを取得します。



      同時に周囲の画像も取り込みながら、マッピングしていくシステムです。
      モービルマッピングの活用事例としては、建設業界で路面調査業務の際に活用します。また移動体河川の全周囲画像を取得する時にも、モービルマッピングを使って業務を遂行しています。
      その他、舗装オーバーレイや空港の滑走路における地盤沈下の調査、景観調査などを行う場合も、MMSは必要です。



      さらに道路トンネルの形状を調べる時にも、MMSで計測を行っていますが、調査と計測を何回か行って、誤差を少なくしています。
      また観光地の景観調査では、MMSデータと航空レーザーを同時に行い、精度を高めています。さらに降雪の多い地域では、除雪車両システムの構築にMMSを利用しています。


      ある大手の高速道路株式会社では、管轄エリア全線における道路の計測を、モービルマッピングを使って行いました。

  • 大事な○○の事

    • 農村地帯や離れ小島などでは、大きな医療機関が周辺にないことが多いです。そのため、緊急を要するケガなどが発生しても、患者を治療することが、とても困難です。...

  • ○○の重要知識

    • 報道や撮影、調査などに利用されるものとして空撮があります。空撮は、かつては飛行機やヘリコプターなどが使用されていましたが、現在ではドローンも広く利用されており、より身近な存在となっています。...

  • ○○のおすすめ情報

    • 都市部では、物資の運搬や患者の輸送、観光などにおいてヘリコプターが用いられることがしばしばあります。もし、ヘリコプターを操縦して何かを行い、利用者から対価を得る仕事をするのであれば、回転翼航空機に関する事業用操縦士の免許と航空無線通信士の資格を取得する必要があります。...

  • 1から学ぶ○○

    • 航空測量は、広範囲は地形図作成などを実施するには、欠かせない技術で、空中から撮影した空中写真を使う写真測量や、数値地形データなど、目的や用途にあった最適な計測が可能となっています。航空レーザー測量は、レーザー測距・GNSS・IMUという3つの技術の合体から実施し、レーザー光を発射して、地表から反射して戻ってくる時間の差を調べて、距離を決定していく装置です。...

top