モービルマッピングシステムの活用事例

  • 空撮に用いられる方法について

    • 報道や撮影、調査などに利用されるものとして空撮があります。
      空撮は、かつては飛行機やヘリコプターなどが使用されていましたが、現在ではドローンも広く利用されており、より身近な存在となっています。

      空撮がさらに話題になりそうです。

      空撮に用いられる方法には、大きく、高度な場所から行うものと低空で行うものとの2つに分けることができ、航空機やヘリが前者、後者にはクレーン撮影やドローン空撮があります。
      それぞれに特徴があり、まず、航空機の場合にはセスナが良く利用されています。セスナ撮影のメリットは高度を上げて飛行できる点があり、広範囲での撮影ができます。



      また、ヘリに比べて安価な点もメリットの1つになります。


      デメリットは、1点に止まった撮影ができないことがあります。



      ヘリの場合にはホバリングによる滞空時間が長い撮影ができる点がメリットになります。ドローンでもホバリング撮影はできますが各段に長く、1フライトで2〜4時間程度は撮影をすることができます。


      一方デメリットには費用の高さがあり、チャーターの場合、50〜60万円程度かかることになります。


      クレーン撮影は決まった被写体を繰り返し撮影をする場合に適した方法になります。

      空を飛ぶ方法ではないために安定した状態で撮影をすることができ、反面、動きのある映像を撮ることはできません。
      また、使用できる場所に制限があることも難点の1つとなります。
      ドローン撮影は、最近広く利用されている方法です。

      サイズ自体が小さいために狭い範囲でも撮影をすることができ、なによりも安価で利用することができます。


      デメリットとしては、まず、ヘリのように高度を上げることができない点があり、最高高度も150m未満が限界となります。

      また、法整備が整っていないこともあり、撮影では土地所有者からの許可を得る必要があります。

top